求人サイトの利用の仕方

中高年が転職するのは、一般的に厳しいといわれている。企業としては、人件費をいかに削減するかを模索していることもあり、非正規労働者の活用が多いという背景があるからだ。さらに、中高年となると現場での業務よりも、管理者として募集することになる傾向にある。
一方、非正規労働者が増えているために、自社での管理者の育成が難しくなっているようだ。そのため、経験豊富な中途採用で管理職を確保しようという向きもある。中高年としては、少ない求人数に対して、どのように転職活動を行うかが鍵となるだろう。
ひとつの手段として、求人サイトを利用する方法がある。求人サイトへ登録をしておくと、自分に合った会社を紹介してくれるのだ。自分で探すだけではなく、求人サイトが転職できる可能性がある会社を調べてくれる。また、自分で探す場合、どうしても自分自身のバイアスというものがかかるものだろう。自分には合わないと思う会社はリストから排除するものだが、実はその中に合う会社がある可能性もあるのだ。年齢的には仕事を選ぶのではなく、自分ができる仕事を選ぶべきである。さらにいえば、これまでの経験を活かすことによって、キャリアアップを狙えるような会社を探したいものだ。その点、求人サイトでは登録内容を吟味して、それを活かせる会社をサーチしてくれる。
複数のサイトに登録しておけば、その分多くの会社に対してアプローチできるので、転職できる可能性が高まるというメリットがあるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です